最初にして最高なチノパンツ

最初にして最高なチノパンツ

皆様、こんにちは。 MANUAL ALPHABET新町店スタッフの藤原です。   お久しぶりです。 2か月振りのブログとなります。 もう11月になり、今年も残すところあと1ヵ月と半月ですね。 今年の1年はどうでしたか? 僕はあっという間に時間が過ぎていき、もう年末か!という気持ちです。 初の路面店で色々と経験したことのないことばかりでしたが、とても濃く充実した日々を過ごせました。 そして今年の2月から書いてきたブログですが、今回で一先ずブログはお休みとさせて頂きます。 今回のブログも自分らしくいつも通りの商品紹介をしていきます! 宜しければ最後までご覧くださいませ。   M-43 CHINO PANTS  / ¥22,000    定番アイテムで1本は持っていて欲しいチノパンツ。 よく穿くパンツは何か?と聞かれたら、チノパン!と答えるくらい僕は穿いてますね。 好きすぎて6本くらいチノパンを持ってます(笑) 前回ご紹介したシャツと同様にこちらも自分が携わらせてもらったアイテムなんですよ。 しかも自分が持っているチノパンツの中でいちばんシルエットが完成していると思うもので作りました。 ベースになっているのは1943年にアメリカ軍で採用されていたM-43と呼ばれるモデルです。 ディティールはM-43にあるものを全て踏襲しております。 好きなポイントとしては結構ワイドめなパンツなんですけど穿いたとき、前から見るとそんなにダボついて見えないんですよ。 スタイリングのところでシルエットの写真が載っているので、そちらを見て下さい! またカラーはスタンダードなベージュと艶感があり上品なネイビーの2色展開。 個人的に2色買いしてもいいと思うくらいお気に入りのチノパンです。      ヴィンテージ感のあるウェポン生地を採用しております。 生地を選ぶときベージュの色探しから始めたのですが色んなトーンがあったり、思っている生地感じゃなかったりと大変でした。 そしてその中から選ばれたのがこちらの生地です。 一般的なチノクロスと違い、ウェポンは双糸の綾織りで高密度に織り上げられています。 なのでチノクロスと比べて、より丈夫で光沢感があるんですよ。 また色味もこだわっており、やや黄みがかっているベージュをチョイスしてます。 何故か?と聞かれると持っているチノパンがこの色だったというのが答えになります。 しかしそれだけが理由ではなく、今まで他のベージュのチノパンを穿いたり、お店で探したりしていたのですがこの色に勝るものがありませんでした。 古着屋さんで同じものを探してもM-43は数も少なくなっており、製造年や工場が違えば、全然違うカラーのチノパンになってしまします。...

READ MORE

Lee Izumida LIVE PAINT/WORK SHOP

Lee Izumida LIVE PAINT/WORK SHOP

Lee Izumida ライブペイント/ワークショップ/ボトル販売 MANUAL ALPHABET新町店 期間:09.24(土)~09.25(日) 09.24 ライブペイント12:00~MANUAL ALPHABET新町店の入口ウィンドウに絵を描いて頂きます。 09.25 ワークショップ・ボトル販売 11:00~18:00 ワークショップはお客様がご持参して頂いたボトルに、お好みの絵をLee Izumidaさんに描いて頂けます。 価格:8,800(税込み) ※ワークショップはお一人様1ボトル、必ずラベルを剥がした状態でお持ちください。 又、今回のワークショップの為に購入されたリサイクルではない新品の瓶はNGです。 □ワークショップ予約を希望の方は下記の内容をご確認の上、ご予約下さい。 当日は混み合う恐れがある為、ワークショップに関しましては予約制とさせて頂きます。 時間帯を記載して頂き、メールにてご予約をお願いいたします。 ご予約は先着順となっております。 指定された時間帯が予約で埋まった場合は、キャンセル又は違う時間帯への変更をお願いする場合がございますので、大変申し訳ございませんがご理解の程お願いいたします。 下記内容をメールにてご予約お願いいたします。 ①時間帯指定(各時間帯1名様のみとなっております) ◇11:00~12:00/11:00までには必ずご来店ください。→この時間帯の受付は終了となっております。 ◇12:30~13:30/12:30までには必ずご来店ください。→この時間帯の受付は終了となっております。 ◇14:00~15:00/14:00までには必ずご来店ください。→この時間帯の受付は終了となっております。 ◇15:30~16:30/15:30までには必ずご来店ください。→この時間帯の受付は終了となっております。 ◇17:00~18:00/17:00までには必ずご来店ください。→この時間帯の受付は終了となっております。 ②お名前(フルネーム) ③電話番号 以上を記入して頂き、こちらのメールアドレスにてご予約のご連絡をお願いいたします。 shinmachi@manual-alphabet.com なおイベントを記念して、Lee IzumidaさんにMANUAL ALPHABETの為に描き下ろして頂いたロゴをプリントしたTシャツやトートバックを販売いたします。 数量限定の為、来店された先着順となっております。 又、Lee Izumidaさんによるワインボトルとクラフトビールの瓶に描いた物も販売いたします。 期間中は絵の展示や販売もしておりますので、是非ご覧くださいませ。 MANUAL ALPHABET新町店 大阪市西区新町1-17-17忠兵衛公園ビル1F tel:050-3692-4623...

READ MORE

MANUAL ALPHABETの秋がはじまります。

MANUAL ALPHABETの秋がはじまります。

皆様、こんにちは。 MANUAL ALPHABET新町店の藤原です。     インスタで見つけて綺麗だな~と思って気になっていた神戸にある「アトア」と呼ばれる水族館に行ってきました! 全然調べずに行ったので後から知ったのですが、空間演出を手掛けていたのはあの「チームラボ」さん。 フロア毎にコンセプトがあり、行くとこ行くとこガラッと雰囲気が変わり面白かったですよ! デジタルアートと水族館の組み合わせは見応えが凄かったです。 もう9月に入り夏終盤ですが、やっと夏らしいことをした気がします(笑)   さてさて、世間ではちらほら秋物を目にすることが増えたんじゃないでしょうか? そんな中、先日お店にも22AWの第一便が届きました!! 今回は個人的にイチオシのシャツがあるので、そちらをご紹介します。   OVERSIZE BROAD SHT / ¥16,500   こちらのシャツはシルエットや生地選びに携わらせてもらったので、人一倍愛着が湧いちゃいますね。 型は新型で結構ゆるめのシルエット感になってます。 オーバーサイズのシャツなので初秋には1枚でザックリ着るのがオススメですよ! カラーは定番でずっと着やすいホワイトとネイビーの2色展開にしました。 ネイビーは黒に近いように見えますが、日の光に当たるといい表情になります。 スタイリングのところで、こだわりのディティールポイントを書いているので最後まで読んでいただけると嬉しいです!     オーガニックコットンを使用したブロード生地を採用してます。 生地の表面には丁寧に磨き加工を入れており、艶感となめらかな肌あたりが魅力的ですよ。 ハリとコシのある生地なので、どんどん着込んでいくといい風合いになりそうでこれからが楽しみです! ドレスシャツによく使われる生地なのでカジュアルな洋服にどうかな?と思われるかもしれませんが、ゆったりとしたシルエット感と相まって気兼ねなく着やすい1枚ですよ。 ちなみにオーガニックコットンとは化学肥料を使用せず、栽培された綿のことを言います。 手間と時間がかかるので、コットン全体の1%に満たない量しか作られていないので貴重です。 とてもいい生地を使わせてもらっていて、実際に見て触れてほしいですね。    esperanto Line Graph Bangle /...

READ MORE

MANUAL ALPHABET 22AW NEW ARRIVAL

MANUAL ALPHABET 22AW NEW ARRIVAL

MANUAL ALPHABET 22AW NEW ARRIVALマニュアルアルファベットの新作が登場。クラシカルなシャツをはじめ、アウトドアテイスト、キレイ目、リラックスしたサイズ感等、22AWも幅広いアイテム展開を予定しております。定番アイテムも美調節を加えアップグレードしております。入荷いたしましたら、LINE公式アカウントにてお知らせもいたしますので、是非ご登録してください。MANUAL ALPHABET新町店 LINE公式アカウント➡https//lin.ee//AWdABn8 MANUAL ALPHABET ONLINESTORE

READ MORE

生地メーカーとシャツメーカー

生地メーカーとシャツメーカー

皆様、こんにちは。 MANUAL ALPHABET新町店の藤原です。     先日いつもお世話になっている生地メーカー、桑村繊維本社に行ってきました! 今までは写真や聞いた話だけでしたが、実際に織り機で生地が織られてるところを目にするのはお初でしたね。 様々な生地と生地が織りあげられるまでの工程を見学させてもらい、とても貴重な経験になりました。 許可をもらい撮影してきたので、その中の一部をブログで紹介します!      織り機のある工場は湿度が高く、夏で外も暑かったのですがそれ以上に工場の中は蒸されるんじゃないかと思うほど暑かったですね。 これには理由があるようで糸の油分が乾燥して無くならないようにするため、室内の湿度を高くしているとのことです。 説明していただき「なるほど!」ってなりました。 実際行くまでこんなに暑いと思ってなかったですし、行ってみないとわからない部分ですね。     あと日本でも数が少なくなっているチェック柄を織り上げる織機も見せて下さりました。 織機が織り上げるスピードや響く音、全てが新鮮な体験でしたね。 仕事の一環でしたが大人の社会見学のようで、有意義な時間になりました! 動画も撮っていてお店に来られた方は見れるので、物作りの背景が好きな方は是非見に来てください!!   またこの後の商品紹介では、桑村繊維さんの生地を使用して作られたアイテムをいつくかピックアップして紹介します!   DRY FEEL PIN-DOT COACH SHT / ¥18,150 ULTIMA PRD SS TEE / ¥8,580 NYLON CHINO CLOTH BAKER PANTS...

READ MORE